FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般的な星の定石でも打たないと忘れてしまう・・・・・・。

覚えたはずの定石も長い間打たないでいると忘れてしまうことがあります。
囲碁の初心者を脱した頃には、難解な変化の定石や目はずし、高目といった相手が勉強不足と思われる分野において有利になるべく勉強したこともあります(苦笑)
でもしばらくたつと打たなくなり、手順の多い難解な定石(打ってみると大体定石通りにならない(苦笑))も忘れてしまうことが多々ありました。

先日も実戦において基本定石でよく打ちながらもその定石はずれはまず打たれない為に対処の仕方を忘れてしまっていた事例がありました。

<図1>
180623a
黒9と切ってくるパターンです。
これは初心者の頃に上手(うわて)にやられた事があるのですが、その時教わった対処法を忘れてしましました(涙)

実戦でうまく対処できなかったので調べてみようと手持ちの「基本定石事典」(旧盤)で見た所、掲載されていませんでした。
他になにか掲載されているのがないかと調べてみたら「囲碁・実戦で活かせる星の定石小事典」に1ページだけ一個の変化図が載っていました。

それが図2になります。

<図2>
180623b
解説によると黒2の二子のシチョウの良し悪しで打たれるとのことです。
黒がよければ辺をまるっと確保できます。

ただし実戦では図3のように打たれました。

<図3>
180623c
本には先程の一つの変化図が載っておらず、これだと多分白Aとポン抜きが手順ではないかと思います。
しかし、その後の手順でお互いどう打てば五分五分なワカレになるのかさっぱりです。
黒1周辺をどう処理すればいいのか分かりませんし、隅もまだ手が残っています。

割と基本定石の中での定石はずれなので本に載っているかと思っていましたが、詳しい解説がありませんでした。
なにか良い本があればいいのですが、定石はずれの対処は棋力が問われるだけに本当に難しいですね。



スポンサーサイト

積んでいた本を読んでいたら一ヶ月過ぎてしまいました。 Ver1.1

対局に負け続けてちょっと息抜きに溜めていた本を読みました。
そしたら一ヶ月お休みしてしまって大反省。

その大反省から今月は更新強化月間にしてみました。
記事について何にしようかと悩みましたが、読んでいた本を紹介することにしました。
ちなみに紹介書籍のジャンルが偏ってるのはちょうどハードボイルド系で読もうかと思っていただけでミステリー小説とかも読んでいますので一応フォローしておきます(苦笑)

ソトニ 警視庁公安部外事二課 シリーズ1 背乗り
警視庁公安部外事二課 ソトニ イリーガル

 テレビ局に勤める竹内明著作の国際諜報戦を描いたシリーズ。
報道の第一線で働く筆者だけに某国とのスパイ戦などリアリティがあり、作品としての展開も面白かったです。
ただ、リアリティー重視の展開や描写ゆえにエンターテイメントとしての盛り上げ方や登場人物の感情表現などが薄いのがマイナスかな?と個人的には思いました。


リボルバー・リリー  長浦 京 (著)

デビュー作の「赤刃」が個性溢れる登場人物と牽引力で一気によませた異色時代劇だったので今作もチェックしてみました。
大正時代を舞台に秘密を抱えた子供を守りながら逃げる女性と追う男たちというお話。
面白い作品ではありますが前作より読者を引き付けるパワーと主人公の強烈な個性がなかったように感じたので残念でした。


地獄の犬たち  深町 秋生 (著)

一言でいえば、深町 秋生版インファナル・アフェア
潜入捜査官の苦悩と過剰なバイオレンス描写でぶっとんでます(苦笑)
物語のリアリティーよりも銃撃戦とかで読者を引き付ける漫画よりともいえる作品。
物語も登場人物達も濃くて面白かったですが暴力描写などが過激な為に評価は分かれると思います。


代理人  本城 雅人 (著)

最後だけちょっと異色の本の紹介です(苦笑)
プロ野球の代理人が主人公のお話。
選手の代理人(弁護士)として色々な問題を解決していきます。
球団スカウトが主人公の「スカウト・デイズ 」といいちょっと変わった立場からプロ野球の世界が見えるので興味ある人には面白い作品です。


他にもちょっとまだ何冊か読んでいたのですが、とりあえず今回はこの辺で。
ブログの更新ネタにちょうどいいのでしばらくしたらまた本紹介もするかもしれません。

ちなみに現在、囲碁での対局状況は相変わらず負けつづけて惨敗しています。
簡単な読みミスも多くちょっと凹み気味です・・・・・・。



更新停滞中だったのでとりあえず・・・・・・。

ちょっと油断していたら一ヶ月更新していなかったので猛反省。

ということで今月もかなりすぎてしまいましたが、今月は最低週一更新をお知らせします。

内容は囲碁以外も予定しています。

勿論今回のこの記事はさすがに更新とも言える内容ではないので、今週もう一回更新します。

せっかくきて頂いた方、お待たせして申し訳ありませんでした。

囲碁非常事態宣言の続きとブログの更新頻度についての悩み

前回の記事が『4月中の成績が負け越し40になりました』という記事でしたが、その続きというか四月分の結果です。
なんとか持ち直して負け越し33で締めになりました。

一時どうなるかと思いましたが降級したのもあって落ち着いたようです。

そしてブログの更新頻度についての問題・・・・・・。
復帰するからにはそれなりの間隔で記事をあげようと思っていましたが、結果は全然駄目でした。

しっかりした内容としたものを書こうとすると悩み続けて結局、時間だけが過ぎるという現実。
ちょっと他の囲碁ブログでも回って更新内容などをみて更新のコツなどを勉強しないとまずいかな?と思っています。

更新頻度をあげるコツというのはなんなんだろう・・・・・・?

なんとか頑張って更新頻度をあげたいと思います。




囲碁非常事態宣言!!

願わくば、我に七難八苦を与えたまえ!!と言った戦国武将がいます。

山中幸盛、一般的には山中鹿介(しかのすけ)で有名で戦国時代に興味がある人なら知っているかと思います。
知らない人に簡単に説明すると毛利元就に滅亡された尼子家の家臣で、尼子氏再興をすべく色々と活動した忠義の人。

あるい意味宣誓内容からマゾ武将かな?と思ってしまいますが(苦笑)
自分の成長を苦難にあう事で試したいというような趣旨なようです。

最後は尼子氏再興の為に織田軍と連携活動である城を奪ったのはいいのですが、援軍予定の織田軍が同時進行で起きた謀反鎮圧の為に見捨てられて失敗した人です。

知名度が低いのは多分織田信長と豊臣秀吉が関わっていて見捨てたという黒歴史(苦笑)なので時代劇やドラマではまずカットされる逸話だからでしょう(苦笑)

さて、今回なんでその話をしたかというと・・・・・・
ほぼ4月中間地点ですが、負け越しが40になりました!!
なんと17勝57敗です(号泣)

もちろん3Kが維持できるわけもなく、4K降格は当然として5K相手にも連敗とかしています。
負け続けた為に勝つとという意思が強くなって筋が悪くなっているのもわかります。
一番の問題は筋が悪くなってきており、悪循環に陥っています。

なんとか悪循環から脱出してしっかりした内容の碁を打ちたいと思うのですが、どうしたらいいのでしょうね?(涙)

<おまけ>チャット部屋で会話

A氏: 40って・・・七難八苦=15なんてもんじゃないなw
私: だれがうまいこといえと・・・笑



囲碁ランキング
プロフィール

natu

Author:natu
男性:関東在住

ネット囲碁(KGS 4級) 日々奮闘中?
クラブ→八重洲入門部屋にて
初心者から高段者まで人材募集中!
natukgs@gmail.com

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント (やる気↑)
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
フリーエリア
リンク (やる気↑)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。